災害用の防災備蓄品!25年と長期保存可能の食品の味は!?

最終更新日

Comments: 0

前置き

 
昨今では地震等の災害が起きた際、万が一の時に命を救う
【防災備蓄品】について企業だけでなく、個人でも買い求めるお客様が多くいらっしゃいます。
 
私自身お金がないのもありますが、【水2Lを6本】くらいしか用意していないのが事実で、
ニュース等をみてどんなものがあるのか、またせっかく用意するならば味はどんなもんか
気になったので、実食しに行きました!!!
 
まずは1番気になっていた【25年の賞味期限があるサバイバルフーズ】
 
試食場所「セイショップ」
東京都千代田区四番町8−13
 
外観はおしゃれなカフェな感じで、中には防災用品が陳列されていました。
老夫婦が1組いらっしゃって、店員さんが紹介していました。
店員さんにお願いして出してもらった商品がこちら!
 
洋風とり雑炊
 
 
大缶にドライ加工された食べ物が入っており、開封後も1週間くらいは持つらしいです。
蓋は缶でなくプラスチックなので、開けた後も安心ですね!
(冷蔵庫に入れて保存すれば2週間ほど)
 
 
お湯で5分、水で10分ほどふやかして・・・
 
いざ実食!
 
見た目はリゾット風で、匂いともに添加物たっぷり!!!みたいな匂いはなく、
本来クラッカーと一緒に食べるからか、味は少し濃いめになっていました。
 
!?結構おいしいぞ!!!
 
まさに洋風雑炊のような感じで、通に食卓に並んでも全然食べることが出来ます
 
防災備蓄品の中には、ほ・ん・とにまずい商品もあり、いざ食べることになったときに
これだと食べないほうがいいんじゃ・・・といったものもあり少し心配しておりました。
 
そういった商品は賞味期限5年程のものにいっぱい添加物を入れて長持ちさせるといった
方法をとっているようだったので、今回25年も持つ商品ということで少しくらいは変な味が
あるだろうと思っていましたが、意外に美味しかったです。
 
とり雑炊だけでなく、他に3種類ほどバラエティがありますが、店員さん曰くどれも同じくらいの
クオリティがあり美味しいそうです。
 

今回食べた商品の説明

洋風とり雑炊(1号大缶 10食相当)
1缶約9000円
 
※鶏肉、マッシュルーム、にんじんなどの具材とふっくらと炊き上がった国産米を、
醤油、昆布だし、鰹だしで煮込みました。出汁の効いたやさしい味の雑炊です。
ちょっと値段は高く感じますが、通常の防災備蓄品と比べるとかなーり安さを感じます。
 
  • サバイバルフーズ賞味期限25年 60食 41000円
  • アルファ米賞味期限5年 60食 20000円 25年更新→100000円
  • 乾パン賞味期限5年 60食11000円 25年更新→55000円
こうしてみると、更新の手間や金額までもが安く感じますね。
味も好みがあるかと思いますので、出来れば1度試食をしてもらってから購入保存する
ことをお勧めします。

ボブ

適当に生きすぎて生活が大変です

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする